タンス 運搬 費用

タンスの運搬費用を格安にするならこの方法

箪笥 運搬

たんす 運搬

タンス 運搬

箪笥 運送

たんす  輸送

 

大きな箪笥は運搬が大変ですね。

 

ベッドみたいに分解して運ぶこともできません。
レンタカーを借りて自力で運搬する方法もありますが、1人では難しいですし、物件を傷付けてしまうかもしれません。

 

箪笥の運搬で1番オススメの方法は、引越し業者に依頼することです。

 

最安値の引越し業者を探すには、一括見積もりが簡単で便利です。

 

箪笥 運搬

 

箪笥などの大きな家具を運ぶには、引越し業者、宅配業者、便利屋などに依頼します。
家財を運んでくれる宅配業者は大手しかなく、費用もやや高めです。

 

便利屋を利用する方法もありますが、こちらも競争相手があまりいないので費用は高めに設定されています。

 

多くの会社がある引越し業者を比較することで、箪笥の運搬費用を抑えることができます。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

レンタカーでタンスを運ぶ

 

レンタカートラック タンス

 

トラックをレンタルして自分でタンスを運搬したら、運送費用が安くなるのでは・・・と考えませんか?
実際のところ、どうなのかシュミレーションしてみました。

 

まず自分でタンスを運ぶ場合の注意点ですが、@距離が近いこと A手伝ってくれる人がいることです。

 

まず配送先が遠いとレンタカーでの運搬は物理的に難しいですし、往復の交通費がかかって安いとは言えません。
勿論レンタカーは借りた場所と返す場所を変えることも出来るのですが、営業所どうしの距離が遠いほど手数料が高くなります。
さらにガソリンも満タンにして返却しなければいけません。

 

あとは素人だけでタンスなどの大きな家財をトラックの荷台に上手に積み込むのは難しいです。

 

精神的にも肉体的にもかなり大変ですから、レンタカーでの遠距離の運搬はオススメしないのです。
しかし距離が近い場合は、レンタカーでの運搬もオススメできます。

 

ただし手伝ってくれる人が2〜3人欲しいところです。
例えばタンスや洗濯機、冷蔵庫など大きなものは人手がないとトラックに積み込めません。

 

さて最初の問題に戻りますが、レンタカーでのタンスの運搬は安いのでしょうか?

 

トラックのレンタル料は【基本料金+燃料代+保険料+その他】で、7000〜10000円くらいです。
これにガソリン代と友達への謝礼・お弁当・お茶代などがかかります。これだけで済むなら「安い」と言えますね。

 

しかし注意点もあります。
まず家具や家電を落として破損しても補償がないこと、賃貸物件は壁や床を傷付けたら修繕費が高くなることです。
無理矢理引きずって重い家具を動かしたりしないようにしてくださいね。

 

レンタカーでの引越しは近場であればお得ですが、場合によっては引越し業者に依頼するのとさほど変わらない場合もあります。
価格を比較するためにも、ぜひ見積もりを取ってみてくださいね。

 

 

引越し費用を安くする条件を見直す

 

引越し 費用 安く

 

一括見積もりをすれば一番安い引越し業者を探すことが出来ます。

 

しかしもっと引越し費用を安くしたいのであれば、一括見積もりを申し込む前にまず引越しの条件を変えてみませんか?
出来るものがあれば、もっと費用を安くすることができるかもしれません。

 

まず3月の引越しはできるだけ避けましょう。
3月は引越し業者の繁忙期ですから、この時期はどこの引越し業者も費用を割引することがほぼ出来ません。

 

そして土日祝日、月末月初め、大安なども人気です。
人気のある日は引越し費用が安くなりません。

 

狙い目は平日です。平日の引越しは割引される可能性が高くなります。

 

また午前の引越しと午後の引越しであれば、午後の引越しの方が費用が安くなる可能性が高いです。
みなさん午前中から引越し作業を始めて夜には落ち着きたいと思っていますから、午後からの引越しは人気がないのです。

 

それに午後引越しはスタートが予定よりも遅れることがあるので、時間と気持ちに余裕がないとできません。
先の人の引越しが押したり、渋滞に巻き込まれると予定通りにいかないのです。

 

しかしその分、割引されるチャンスが高いので費用面で言うとオススメです。

 

あとは引越し業者に時間をお任せというフリー便も費用が安くなる可能性が高いです。

 

 

引越しの費用と時期の関係

 

引越し費用 繁忙期

 

引越し業者の繁忙期は3月前後で、この時期は1年で最も引越し業者が忙しく、そして引越し費用が高くなります。

 

なぜなら4月からの新学期を前に、引越しの依頼が集中するからです。
最悪の場合、見積もりすらしてもらえないほど、繁忙期の引越し業者は大忙しなのです。

 

どうして3月が繁忙期なのか。

 

新学期の前になると新大学生や大学の近くで一人暮らしを始めたり、新社会人が会社の寮に入るために引越しをします。
また春の人事異動も同時期のため、辞令の出たサラリーマンは単身赴任をしたり、家族で引越しをしなければならないのです。

 

せめて繁忙期をずらすことが出来ればいいのですが、お子さんの幼稚園入学や小中学校入学の関係もあるのでそうもいきません。
同じ重さの荷物を同じ距離運ぶのに、時期によって費用が違うなんて引越し業者だけの独特なシステムですね。

 

繁忙期はスタッフを増員して対応したり、残業になることが多いですから、引越し業者も通常期に比べて人件費を多く設定しています。
よって繁忙期の引越し費用は高額となるのです。

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しの簡単な手順を先に確認しておきましょう。
まず引越しというくらいですから引越し業者への見積もり依頼をしたいところですが、新居が決まってからでないと見積もりの受付をしてもらえません。新居の情報がないと、費用を計算できないのです。

 

新居が1階の場合とエレベーターなしの4階とでは引越しの大変さが違うのです。
ですから新居が決まったらすぐに見積もりを依頼しましょう。

 

荷造りは時間に余裕を持って行いましょう。
季節外れの服、普段使わないものからダンボールに梱包してください。
もし不要品が出たら売る・あげる・捨てるなどして、引越しの前にできるだけ処分してくださいね。

 

さて引越しの2週間前から転出届を出すことが出来ます。
転出届は市外へ引越しする場合に必要です。
ほかにも健康保険や年金、児童手当など役所関係の書類があればついでに出しましょう。

 

電気・ガス・水道は1〜2週間前に各会社に引越しの旨を伝えて精算の手配をしてもらいます。
新居の電気・ガス・水道は引越し日から使えるように手配しておきましょう。

 

引越ししたら郵便物が届かないでは困りますね。
郵便物の引越しは最寄りの郵便局で転居届を出せば1年間だけ新居に転送してくれます。

 

さていよいよ引越し当日ですが、荷物の運搬は引越し業者におまかせして、あなたは家財の配置などを指示してください。
ただし、いくつか自分で運ばなければならない荷物があります。

 

貴重品・高級品・現金・通帳・印鑑・貴金属・時計・パソコン・データ類・下着・見られたくないものは自分で運びましょう。

 

引越しが終わったら2週間以内に市町村役場で「転居届(市内引越しの場合)か転入届(市外引越しの場合)を提出します。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険会社、銀行やクレジットカードなどの住所変更をしましょう。
うっかり住所変更を忘れると大事なお知らせが届かくなったり、サービスが受けられなくなったりするのでお忘れなく。

 

 

引越しと粗大ごみ

 

引越し 粗大ごみ

 

不必要な大型家具や壊れた家電が家の中で眠っていませんか?
引越しを機に粗大ごみとして処分してしまいましょう。

 

しかし粗大ごみはいつでも自分の好きなタイミングで捨てられるというものではなく、ちょっと面倒なんです。
ちなみの粗大ごみは以下のようなものです。

 

ちなみに一辺が50cm以上または重さが10kg以上のものを粗大ごみと言います。
ただし、石油ストーブ・石油ファンヒーター・ガスコンロ・電子レンジは大きさに関わらず粗大ごみ扱いです。

 

市区町村によって粗大ごみの回収方法は違いますが、多くの自治体で採用されている方法を記します。
回収に来てもらう方法と自分で持っていく方法です。

 

まずクリーンセンターやリサイクルセンターなどに電話で連絡をして、粗大ゴミを引き取りに来てもらう日を予約します。
次にコンビニやスーパーで「粗大ごみシール」を買って粗大ゴミにそのシールを貼ります。

 

シールの額面は粗大ごみの種類によって違います。
それを約束の場所に時間以内に置いておけば、回収業者が引き取りに来てくれます。

 

自分で持ち込む場合もまずは電話予約をして、指定時間に持っていきます。
何を何個捨てたいのか聞かれます。それと身分証の提示が必要です。
この場合は粗大ごみシールを買って貼る必要はありません。

 

詳しくはお住いの市区町村の役場のホームページで確認してください。

 

ただし、例外があります。

 

エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などは家電リサイクル法で処理しなければなりません。
これらは粗大ごみ扱いではないため、家電を購入した電気屋さんか、もしくは新しい家電を買い替える予定の家電量販店での回収が必要です。

 

 

引越しとご近所への挨拶のマナー

 

引越し 挨拶

 

引越しをしたら、ご近所の方のところへ挨拶に行きましょう。

 

マンションやアパートであれば左右と上下の4部屋の方に、一軒家であれば向こう3軒両隣の5軒のお宅までが一般的な挨拶の範囲とされています。

 

また、マンションの管理人さんや大家さん、一軒家であればゴミ当番など町内会のことがありますから自治会長さんなどにも挨拶しておくと良いですね。
挨拶に行くタイミングはできるだけ早く、一般的には引越し当日か遅くても翌日までです。
そんなに忙しい最中にと驚かれるかもしれませんが、理由がいくつかあります。

 

引越しの時は長時間トラックが道路や駐車場に停まって作業をしていたり、引越しスタッフの足音や声が近所に響きますから、早めに挨拶に行くことで印象を良くしておきたいですね。
それとそのうち行こうと思っていると面倒になったり、先にバッタリ廊下であったりするともういいかとおざなりになりがちなのです。

 

手ぶらでもいいのですが、何か手土産を用意しておくと気持ち的にも行きやすいです。
高価なものである必要はなく、500〜1000円程度のもので大丈夫です。

 

人気があるのは洗剤やタオルなどの消耗品、お菓子やコーヒー、紅茶などの食品です。
第一印象は大事にしたいですね。