NHK 引越し 手続き

NHKの引越し手続き

引越し NHK

 

公共放送であるNHKの主な財源は、視聴者からの受信料です。
いろいろな意見がありますが、現状はテレビやスマホでNHKを観ることが出来る環境が整っているならNHKの受信料を払うことになっています。

 

NHKは災害時に必要な情報を得るために必要です。
NHKの引越し手続きの方法は、状況によって様々なケースに分かれます。

 

1:世帯全体での引越し
世帯全体での引越しの場合は「住所変更の手続き」が必要となります。
契約の住所を新しい住所へ変更すると同時に、受信料の支払い方法の変更も可能です。

 

2:ひとり暮らしや単身赴任、結婚などの理由で現在の世帯から引越し
新しく別の世帯に引越しする場合は「住所変更」ではなく、独立する世帯の「新規契約の手続き」が必要となります。

 

同じ契約者が別荘や別宅で複数の放送受信契約を締結している場合や、学生や単身赴任などの理由で同じ家計の中から複数の方がそれぞれ放送受信契約を締結している場合、2契約目からは受信料額の半額を割り引く「家族割引」が適用出来ます。

 

「家族割引」は「新規契約の手続き」の完了後に手続きすることができます。

 

3:世帯の合併、ひとり暮らしの解消、単身赴任の解消などの場合
世帯の合併、ひとり人暮らしの解消、単身赴任の解消などの場合は「世帯同居の手続き」が必要です。

 

この手続きのを行う際には、お客様番号、契約者氏名、現住所と新住所、転居予定日、受信料の支払い方法と支払いコースなどを用意しておきましょう。